羽裏いろいろ

2009.11.09 Monday

0
    羽織が好きです。
    といっても、長羽織に限りますが!!

    戦後、洋服の流行を意識して動きやすさを重視したためか、着物の袖丈が短くなり、羽織の丈も短くなってしまい、優雅さが失われてしまいました。
    代わりに、モダンで軽快なおもしろい柄も一部誕生はしたけれど、羽織の短いのだけは、絶対に!!許せない。

    シルエットが美しくない。
    あれを着ると、一気に良い意味でない『昭和』になってしまう。

    アンティークの羽織は、羽裏にも凝っていて楽しい!
    店舗にある商品から紹介すると、

    ダイヤ絵羽になるように描かれた美しいもの



    ダイヤ優しい色合いで四季の花々が描かれていたり
               薔薇も♪


    ダイヤ歌が書かれた粋なものとか




    ダイヤ綺麗な色彩で、春と秋の風情を現したものとか




    ダイヤカワイイ博多人形みたいな童たちとか

    本の表紙には、「ヨイコドモ」なんて書いてあるおはな

    いづれも、表の顔とはまったく違う裏で、意表を突いている。
    そんな遊びごころを持っていた昔の日本人、スゴイね!!